【危険性調査】オキナ マウスウォッシュ ロングスピンスティック ロゼの副作用、毒性を徹底的に調べました!

こんにちは

ニオイの対策室 森ネズミです。

今回ピックアップした商品はコチラ

オキナ マウスウォッシュ ロングスピンスティック ロゼ

以前紹介したオキナ製マウスウォッシュ ロングスピンX ロゼのスティックタイプです。

携帯性の向上とともに成分も少し変更されています。

 

成分は以下のようになっております。

基剤・・・水

溶剤・・・エタノール

湿潤材・・・グリセリン

可溶化剤・・・PEG-50水添ヒマシ油

着香剤・・・香料

薬用成分・・・塩化セチルピリジニウム

矯味剤・・・キシリトール・トレハロース・メントール・サッカリンNa

防腐剤・・・エチルパラベン

保湿剤・・・ヒアルロン酸Na

着色料・・・赤2

 

結論から先に申し上げますと

薬用成分である「化セチルピリジニウム」と「香料」に関しての副作用がわかりませんでした。

さらに着色料の赤2は発がん性が確認されており、継続的に大量摂取すると危険です。

もちろん、マウスウォッシュとして通常使用では摂取量はごく僅かなので問題ないと思われます。

 

オキナ マウスウォッシュ ロングスピンROSEの副作用

エタノール

エタノールは各成分を溶かしこむ性質を持っていて、水溶性成分及び油溶性成分の両方を抽出できるので様々な用途で使用されています。

基本的に我々が普段飲んでいるお酒の成分と同じなので、アルコールに過敏な方は注意しましょう。

また、使用後の自動車の運転に関して、飲酒運転になるのではないかという疑問がありますが、

これに関しては検証されているサイト様がありますので、詳しくはそちらを参考にしていただけたらと思います。

結論としてほぼ問題なしということなのですが、不安な方はアルコールが含まれていない製品を選びましょう。

 

グリセリン

軟膏などの皮膚に直接使用するイメージがある成分ですが、食品添加物にも指定されています。

本製品では湿潤材として配合されています。

ちなみに皮膚への影響ですが、Cosmetic Ingredient Reviewの安全性試験データによると皮膚刺激性及びアレルギー性ともに非常に安全性の高いことが証明されています。

それでは食品添加物としての安全性ですが、内閣府食品安全員会のHPを引用させていただきます

(1)グリセロールは低い急性毒性を有する。(中略)グリセロールは、遺伝毒性に関する懸念を引き起こさず、また、発がん性に関する懸念もなかった。(中略)利用可能な動物試験において、グリセロールの有害影響は確認されなかった。

食品安全委員会HPより引用

グリセロールとはグリセリンのことです。

低い急性毒性を有するとありますが、許容一日摂取量が設定されておらず、その他実験においても安全性の高い成分であることが記されています。

 

PEG-50水添ヒマシ油

本成分は溶剤として広く使われており、水に溶けにくい又は溶けない物質を溶かす役割があります。

まず、PEGとはポリエチレングリコールの略で、50という数字は、水添ヒマシ油に60モルのポリエチレングリコールが付加重合されているという意味です。

この数字が100に近いほど親油性が高くなり、油溶性成分を溶かすことができるようになります。

ヒマシ油はトウダイグサ科のトウゴマから搾り取った油のことで、古来より工業用としては石鹸、潤滑油や医療品など非常に多くの製品に使用されています。

また、医療用としても古くから下剤等として世界各国で使用されてきました。

水添とは水素を添加して液体の油を硬化させる処理をしたものです。

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性試験データによると

皮膚刺激性は軽度アレルギー性はほとんど無しという報告が出ているので、安全性の高い成分であることがわかります。

 

香料

香料に関しては詳細が不明だったのでわかりませんでした

 

塩化セチルピリジニウム

殺菌剤として配合されています。

副作用に関してはKEGGのサイト様より「セチルピリジニウム塩化物」の項目を引用させていただきます。

副作用

副作用発現状況の概要

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

KEGGより引用

残念ながら副作用を確認することができませんでした。

報告を確認次第UPします。

 

トレハロース

トレハロースは天然に存在する糖で、シイタケなどのキノコ類によく含まれています。

安全性に関しては国立医薬品食品衛生研究所様の「平成30年度既存添加物の安全性評価に関する調査研究」より引用させていただきます。

3.安全性試験の概要

1) 急性毒性試験
マウス、ラットおよびイヌを用いた経口投与による急性毒性試験が実施されているが、
いずれの試験においても死亡例はなく、被験物質に起因する毒性影響もみられなかった。
マウス (CD-1) 経口 LD50 > 5,000 mg/kg 体重 1)
ラット 経口 LD50 > 16,000 mg/kg 体重 2)
ビーグル犬 経口 LD50 > 5,000 mg/kg 体重 3)

 

2) 反復投与毒性試験
HanIbm.NMRL マウス(雌雄各群 20 匹)に、トレハロース(純度 99.2%)を 0、5,000、15,000、50,000 mg/kg(雄:0、760、2,200、7,300 mg/kg 体重/日、雌:0、910、2,700、9,300 mg/kg 体重/日に相当)の濃度で 13 週間混餌投与した。被験物質に起因する毒性影響はみられず、NOEL は雄の最高用量の 7,300 mg/kg 体重/日と考えられた 4)。
ビーグル犬(雌雄各群 3 匹)に、トレハロース(純度不記載)を 5,000 mg/kg 体重/日の用量で 14 日間カプセル経口投与実施したところ、被験物質に起因する毒性影響はみられなかった 5)。

3) 変異原性試験
Ames 試験、染色体異常試験及び in vivo 小核試験が実施されており、全て陰性と報告されている 6)。
Ames 試験:陰性; TA100、TA1535、WP2 uvrA、TA98、TA1537 310〜5,000 g/plate(代謝活性化および非代謝活性化)
染色体異常試験:陰性; CHO 細胞、1,250〜5,000 g/mL(代謝活性化および非代謝活性化)
小核試験:雌雄マウス:陰性; 1,250〜5,000 mg/kg 体重

4) その他
Wistar ラットを用いた二世代繁殖毒性試験を実施したところ、被験物質に起因する毒性影響はみられず、NOEL は最高用量の 5,000 mg/kg 体重/日と考えられた 7)。
また、Wistar ラットとニュージーランドホワイトウサギを用いた発生毒性試験を実施したところ、いずれも被験物質に起因する毒性影響はみられず、NOEL はそれぞれ最高用量の 6,900 mg/kg 体重/日、2,800 mg/kg 体重/日と考えられた 8), 9)。

5) 海外評価書における扱い
JECFA では ADI not specified とされている 10)。

4. 結論
本既存添加物は、日本国内で流通しているものについては、安全性に懸念はないと考えられる。

上記の通り動物試験の結果、安全性は高いという結論が出ています。

 

キシリトール

 

キシリトールは天然由来の糖で工業的にはシラカバやカシの 木から抽出されます。

唾液の分泌を促進したり、虫歯の原因にとなる菌の増殖を防ぐ効果があるためガムや様々な製品に配合されています。

キシリトールの安全性に関しては厚生労働省のHPより引用させていただきます。

5)外国での使用状況:
米国、カナダ、EU諸国、韓国等38カ国で甘味料として使用
6)国際機関の評価:
FAO/WHO合同食品添加物専門家会議(JECFA)において
、キシリトールについて、一日摂取許容量(ADI)は「特定せず
」と評価され、A1品目(ADIが設定されたものまたはADIの
設定が毒性学上必要ないとされたもの)に分類されている。

厚生労働省HPより引用

上記のように多くの国で利用されており、

国際機関であるJECFAにも一日許容摂取量を設定されていないことから非常に安全性の高い成分であることがわかります。

 

メントール

メントールは天然のミントから生成されるものと人工的に合成されるものの2種類存在します。

本製品はどちらか記載されていませんが構造上は同じです。

副作用に関しては国際機関のデータ見当たらず、今のところ安全性が高いと考えられます。

 

エチルパラベン

エチルパラベンは防腐剤として様々な化粧品や食品添加物として配合されています。

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性試験データを調べてみたところ、

軽度の皮膚刺激性が起こる可能性があるものの、一般的にアレルギー性はほとんどなく安全性の高い成分といえます。

しかし、ごく稀にアレルギー反応を示す方がいらっしゃるのでご注意ください。

 

ヒアルロン酸Na

保湿剤として配合されております。

湿潤材であるグリセリンとの相乗効果で、製品の使用感がかなり良くなります。

注射液の副作用報告について、総症例9,574例中副作用が報告されたのは、50例(0.52%)73件であった。

また、臨床検査値には一定の変動は認められなかった。

変形性膝関節症については、7,845例中にみられる副作用45例(0.57%)68件の主なものは、局所疼痛37件(0.47%)、腫脹14件(0.18%)、関節水腫3件(0.04%)であった。

肩関節周囲炎については、1,729例中にみられた副作用5例(0.29%)、5件の主なものは局所疼痛4件(0.23%)であった。 (日本医薬情報センター, 2000)

日本医薬品添加材協会HPより引用

マウスウォッシュとしての副作用が見つからなかったので、注射液の副作用を引用させていただきました。

副作用の発生は非常に低確率で、安全性の高い成分であることがわかります。

また、マウスウォッシュは吐き出すことを前提に作られているので、摂取量は極めて微量となるため、問題ないと考えられます。

 

赤2

本成分は「赤色2号」や「アマランス」等の別名があり、食品や化粧品など様々な商品に配合されています。

ということは安全性の高い成分なのかな。と考えるのは早計です。

調査したところ下記のような記述を見つけました。

慢性毒性/発がん性:
ソ連において行われた33ヶ月の混餌投与試験等により、発がん性が示唆され,この結果を受け、米国FDAではラットを用いた131週間混餌投与が実施され、高用量投与群において発がん性が認められた

一方、別のグループによりラットを用いた2世代試験が行われ、腎のカルシウム沈着以外に特記すべき所見は認められなかったと報告されている。

公益財団法人 日本食品化学研究振興財団HP

発がん性があるため、長期間の大量摂取注意が必要となる成分です。

本製品の配合量が書かれていませんが、医薬部外品の着色料の配合量は原則0.1%以下と定められています。

 

非常に低濃度であり、さらに、マウスウォッシュなので体内に取り入れる量はごく僅かです。

ただ、気になる方は控えた方がいいかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「殺菌剤の塩化セチルピリジニウム」と「香料」の副作用がわからないのと、やはり「発がん性」という言葉は引っかかりますね。

しかし、摂取量は非常に少ないので問題は無いと思われます

 

参考にさせていただいたサイト様

KEGG

日本医薬品添加材協会

公益財団法人 日本食品化学研究振興財団HP

食品安全委員会

化粧品成分オンライン

国立医薬品食品衛生研究所

厚生労働省HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。