【クリアクリーン デンタルリンスは意味が無い?】副作用と効果を徹底的に調べました!

こんにちは

ニオイの対策室 森ネズミです。

今回調査した商品はコチラ

『クリアクリーン デンタルリンス ソフトミント ノンアルコールタイプ』

クリアクリーン デンタルリンスノンアルコールタイプです。

CMでお馴染みの商品なので

皆さんご存知だと思います。

 

ちなみにクリアクリーンの

マウスウォッシュには

アルコール入りのタイプも販売しています。

 

それではまずは

会社の概要を見てみましょう。

会社名

花王株式会社(Kao Corporation)

設立 1940年5月(昭和15年)
本店所在地 東京都中央区日本橋茅場町一丁目14番10号
代表者名 代表取締役 社長執行役員 澤田道隆
事業内容 「化粧品」「スキンケア・ヘアケア」「ヒューマンヘルスケア」「ファブリック&ホームケア」

1940年設立の老舗企業です。

大々的にCMを流している商品は

だいたい大手老舗企業となっていますね(`・ω・´)

ちなみに1940年の5月は

日本野球界のレジェンド

王貞治さんの生れ月でもあります。

 

クリアクリーン デンタルリンスの効果と成分

クリアクリーン デンタルリンスの効果と成分を見てみましょう。

クリアクリーン デンタルリンスの成分

まずは成分から

基剤:水

湿潤剤:濃グリセリン

溶剤:PG

可溶剤:グリセリン脂肪酸エステル

香味剤:香料(ソフトミントタイプ)、サッカリンNa

pH調整剤:リン酸2Na、リン酸1Na

薬用成分:塩化セチルピリジニウム

保存剤:パラベン

他社製品で使用される成分が多く配合されています。

 

クリアクリーン デンタルリンスにフッ素は入っているのか

「フッ素が入っているのか」

という疑問に関して

成分表によると

フッ素は配合されていないことがわかります。

 

クリアクリーン デンタルリンスの効果

クリアクリーン デンタルリンスの効果は

薬用成分の

「塩化セチルピリジニウム」

によるところが大きいです。

殺菌剤として

様々な商品に配合されていて

口内の歯周病や口臭の原因となる

細菌を殺菌してくれます。

 

また、香味剤の

働きにより

唾液の分泌を促進し

悪玉菌の増殖を防ぎ

口臭や病気を予防してくれます。

 

クリアクリーン デンタルリンスの使い方

歯磨きの後にキャップ1/3(10ml)を

口に含み20~30秒ほど口の中をすすいでから吐き出します。

 

※使用後は水ですすぐ必要はありません。

 

クリアクリーン デンタルリンスの最安値とコス

それではクリアクリーンデンタルリンスの最安値とコスパを確認します。

 

クリアクリーン デンタルリンスの楽天での価格

まずは楽天での価格を見てみましょう。

 

ブログ執筆時で

600mlで446円となっていました。

 

クリアクリーン デンタルリンスのamazonでの価格

次にamazonの価格は

355円となっています。

アマゾンの方がちょっと安いです。

 

クリアクリーン デンタルリンスのコスパ

クリアクリーン デンタルリンスのコスパですが

一回の使用量は10mlなので

600mlで60回使用できます。

つまり一回当たりのコストは5.9円となっています。

マウスウォッシュの中ではかなり安い部類になります。

 

クリアクリーン デンタルリンスの副作用

クリアクリーン デンタルリンスの副作用について

気になる成分は

「塩化セチルピリジニウム」

「グリセリン脂肪酸エステル」

「パラベン」

です。

 

塩化セチルピリジニウム

厚生労働者のHPより

※GHS分類結果を調べたところ

本成分はデータ不足で毒性がわからない項目はあるものの

 

急性毒性(経口)の項目で

「分類3 飲み込むと有毒

ラットLD50値は200 mg/kg」

とありました。


厚生労働省HPより引用

 

LD50値とは半数致死量のことで

この成分の場合

ラットの体重1kgにつき200mgの

塩化セチルピリジニウムを経口投与すると

投与した半数のラットが死亡した。

ということになります。

GHSとは

化学品の危険有害性を世界的に統一された一定の基準に従って分類し、絵表示等を用いて分かりやすく表示し、健康や環境保全に役立てようとするもの

飲み込んだら有毒ってことは

とんでもなく危険な成分なのか(;´Д`)

と思われるかもしれませんが

この「ラットLD50値は200 mg/kg」と

同等の物質はカフェインです。

 

つまり

GHSの安全データシートによると

急性毒性(経口)はカフェインと同じレベルです。

 

グリセリン脂肪酸エステル

東京都福祉保健局様のHPから引用させていただきます。

☆グリセリン脂肪酸エステル(グリセリンエステル)

油脂から得られる脂肪酸とグリセリンを反応させて製造されるエステルで、モノ、ジ、トリエステルの3種類があります。現在、酢酸モノグリセリド、乳酸モノグリセリド、クエン酸モノグリセリド、ジアセチル酒石酸モノグリセリド、コハク酸モノグリセリド、ポリグリセリン脂肪酸エステル、ポリグリセリン縮合リノシール酸エステルなどが実用化されています。
乳化剤としての使用のほかに、起泡剤、豆腐用消泡剤、デンプンの品質改良剤など、様々な用途で使用されています。

 使用対象食品:マーガリン、乳製品、乳飲料、菓子類などに広く使用されています。

東京都福祉保健局HPより引用

説明用に引用させていただきました。

上記のようにグリセリン脂肪酸エステルと一言で言っても多くの種類が認可されており、この成分表記ではどの種類かを特定することができないので、副作用は不明です。

 

パラベン

次にパラベンですが

基本的に安全性が高く

様々な製品に採用されています。

しかし、

ごく一部に過敏にアレルギー反応を示す方がいらっしゃいますので注意が必要です。

 

その他の成分

その他は安全性の高いものが配合されていました。

 

クリアクリーン デンタルリンスの良い口コミ

それではクリアクリーン デンタルリンスの良い口コミを見てみましょう。

 

今回二本目の注文になりますが

毎日の歯磨きの仕上げに使っています。

他社製品を使ったことが無いので

比較はできませんが、

使った直後は非常にさわやかで

朝の粘着きが無いので気に入ってます。

もともとアルコールが苦手なので

ノンアルなのもありがたいです。

 

以前から家族で使用しています。

ミント味が家族に好評ですが

最近コップを使うのが煩わしいので

ダイレクトウォッシュを買うか

検討中です。

 

・ウチは家族で使用するので

ピリピリしないノンアルコールタイプを

使っています。

近場で買うよりamazonの方が安いことに

最近気づきました。

 

クリアクリーン デンタルリンスの悪い口コミ

クリアクリーン デンタルリンスの悪い口コミを集めました。

 

安いのでリピートしていました。

低刺激なのはグッドですが

薄味なのでさっぱり感がほとんどありません。

なので、口臭に不安な身としては物足りない気がします。

 

使用した感じでは刺激が弱く

使いやすいです。

これなら子供でも大丈夫かと。

しかし、残念ながら

寝る前に使用しても

翌朝口臭が気になります。

他のレビューに

他社製品だと問題なかったのに

これを使うと朝に口臭がする

とありましたが

まさにその通りでした。

 

口臭防止には効果が引くと思う。

口臭予防効果を向上させてほしい。

 

クリアクリーン デンタルリンスの評価まとめ

それでは調査結果をまとめます。

一部副作用がわからないものが

あるものの

比較的安全性の高い成分が配合されていることがわかりました。

 

ただ、

レビューを見ていると

口臭が改善しないという声が一部にありました。

もちろん

安いのでとりあえず。

使ってみるのもアリだと思います

 

ただ、

口臭対策には殺菌剤だけでは不十分で

口内細菌の餌となる不要なたんぱく質を除去する必要があります。

 

口臭を本気で除去したい場合は

コチラの記事をご覧ください↓

【ゴッソトリノの嘘をすべて暴く!】成分からわかる副作用、実際の使用感をレビュー

 

 

 

 

 

無料相談受付中

無料相談を受け付けています。

⇒森ネズミに無料相談を申し込む

 

様々な商品をレビューしてきた

ブログ主が実際にどの商品を

おススメするか気になる方もコチラからご相談ください。

 

 

 

以上口臭体臭改善マニア

森ネズミでした。

参考にさせていただいたサイト様

上野製薬株式会社

食品安全委員会

KEGG

東京都福祉保健局HP

昭和化学株式会社HP

リン酸2水素Na

リン酸1水素Na

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。