【クリニカ クイックウォッシュは危険か!?】副作用を徹底的に調べました。

こんにちは

ニオイの対策室 森ネズミです。

今回調査した商品はコチラ

クリニカ クイックウォッシュ』です。

 

こちらの商品もアマゾンやSNSで大人気の商品ですね。

早速ですが成分は

湿潤剤…グリセリン、PG

可溶化剤…POE硬化ヒマシ油

香味剤…香料(ペパーミントタイプ)、キシリトール、サッカリンNa

保存剤…安息香酸Na、パラベン

安定剤…DL-アラニン

pH調整剤…クエン酸Na、クエン酸

薬用成分…デキストラナーゼ(酵素)

粘稠剤…カラギーナン

となっております。

 

結論から先に言うと

薬用成分である「デキストラナーゼ」の安全性が不明ですが、それ以外は安全性の高い成分が配合されています。

 

クリニカ クイックウォッシュの副作用

グリセリン

軟膏などの皮膚に直接使用するイメージがある成分ですが、食品添加物にも指定されています。

本製品では湿潤材として配合されています。

ちなみに皮膚への影響ですが、Cosmetic Ingredient Reviewの安全性試験データによると皮膚刺激性及びアレルギー性ともに非常に安全性の高いことが証明されています。

それでは食品添加物としての安全性ですが、内閣府食品安全員会のHPを引用させていただきます

(1)グリセロールは低い急性毒性を有する。(中略)グリセロールは、遺伝毒性に関する懸念を引き起こさず、また、発がん性に関する懸念もなかった。(中略)利用可能な動物試験において、グリセロールの有害影響は確認されなかった。

食品安全委員会HPより引用

グリセロールとはグリセリンのことです。

低い急性毒性を有するとありますが、許容一日摂取量が設定されておらず、その他実験においても安全性の高い成分であることが記されています。

 

PG

グリセリンと似た作用がありますが、グリセリンよりも粘性が弱くサッパリした感触です。

安全性に関してCosmetic Ingredient Reviewの安全性試験データによると、皮膚刺激性及びアレルギー性共にほとんどなく安全性の高い成分です。

 

POE硬化ヒマシ油

「POE」とはポリオキシエチレンの略で、「硬化」とは水素を添加して液体のサラサラの油を用途に合わせて硬化させる処理をしたものです。

ヒマシ油はトウダイグサ科のトウゴマから搾り取った油のことです。

本成分は溶剤として広く使われており、水に溶けにくい又は溶けない物質を溶かす役割があります。

歴史は古く工業用としては石鹸、潤滑油や医療品など非常に多くの製品に使用されています。

また、医療用としても古くから下剤等として世界各国で使用されてきました。

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性試験データによると

皮膚刺激性は軽度、アレルギー性はほとんど無しという報告が出ているので、安全性の高い成分であることがわかります。

 

香料(ペパーミントタイプ)

香料に関しては詳細が不明なためわかりませんでした。

 

キシリトール

キシリトールの毒性に関して、公的機関等のデータが見つかりませんでした。

しかし、現在食品添加物として各国で認可されているため安全性は高いと考えてます。

 

サッカリンNa

安全性のデータに関して株式会社食環境衛生研究所様のHPを引用させていただきます。

人工甘味料の一種です。
摂取しても熱量(カロリー)とならない事が特徴です。

過去には動物実験によりサッカリン摂取による発がん性が指摘され、先進国で使用禁止の措置がありましたが、その後の研究で発がんリスクを否定する結果が出ております。

現在の日本では、大量摂取を避ける為、食品衛生法の規制が続いており、(略)

株式会社食環境衛生研究所HPより引用

現在は発がん性が認められていないけど、各製品分野ごとに使用料が定められている状態ですね。

マウスウォッシュに関しては、口に含んだ後吐き出すので摂取量もかなり少ないため安全性も高くなると考えられます。

 

安息香酸Na

亜塩素酸Naは漂白剤及び殺菌剤として使用される添加物です。

安全性に関しては「添加物 亜塩素酸ナトリウムの使用基準改正に係る食品健康影響評価に関する審議結果」から引用させていただきます。

9 評価結果
亜塩素酸ナトリウムの各種動物試験データを評価した結果、本物質の摂取による最も一般的で主要な影響は、酸化的ストレスによる赤血球の変化と考えられ、また、生体にとって特段問題になる遺伝毒性を有するとは考えられず、発がん性も認められなかった。
亜塩素酸ナトリウムの は、ラットを用 NOAEL いた二世代繁殖試験結果に基づき、驚愕反応の低下、脳重量及び肝重量の減少を根拠に亜塩素酸イオンとして 2.9mg/kg / ADI 100 体重 日と考えられることから、本物質の は、安全係数を として0.029 mg/kg / 体重 日と評価した。
なお、ヒトへの亜塩素酸ナトリウム投与による試験データは、いずれも上記 ADIを支持するものと考えられる。

ADI 0.029 mg/kg / 体重 日(亜塩素酸イオンとして)
( 設定根拠資料) 二世代繁殖試験 ADI
(動物種) ラット
(投与方法) 飲水投与
( 設定根拠所見)驚愕反応の低 NOAEL 下、脳重量及び肝重量の減少
( ) 体重 日(亜塩素酸イオンとして) NOAEL 2.9 mg/kg /
(安全係数) 100

添加物 亜塩素酸ナトリウムの使用基準改正に係る食品健康影響評価に関する審議結果より引用

NOAELは無影響量

ADIは一日許容摂取量

のことです。

簡単にまとめると、

動物実験の結果、一日許容摂取量を超える量と投与すると赤血球に異常が発生したが遺伝毒性と発がん性は確認できなかった。

というとで、ヒトへの一日許容摂取量もある程度試算できているのですが、問題は本製品の亜塩素酸Naがどれほど配合されているか記載されていないので正確な安全性がわかりません。

しかし、本製品は吐き出すことを前提に作られているので、実際の摂取量は配合量よりも非常に少なく、人体に影響のないレベルではないかと思われます。

 

パラベン

パラベンは防腐剤として様々な化粧品や食品添加物として配合されています。

パラベンの物質名は『パラヒドロキシ安息香酸エステル(別名:パラオキシ安息香酸エステル)』です。いくつかの種類のあるパラベンの中でも、一般的にはメチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベンが主に使用されています。

上野製薬株式会社HPより引用

上記のように主に4種類の物質がパラベンとして使われていますので、

それぞれCosmetic Ingredient Reviewの安全性試験データを調べてみたところ、

4種類すべてのパラベンにおいて、軽度の皮膚刺激性が起こる可能性があるものの、アレルギー性はほとんどなく安全性の高い成分といえます。

 

DL-アラニン

アラニンはアミノ酸の一種であるためご存知の方も多いのではないでしょうか。

ちなみに、食品衛生法(昭和 22 年法律第 233 号)第 11 条第 3 項の規定に基づき、人の健康を損なうおそれのないことが明らかであるものとして厚生労働大臣が定める物質に指定されています。

さらにCosmetic Ingredient Reviewの安全性試験データによると

皮膚刺激性及びアレルギー性の報告が無く、安全性の高い物質であることがわかります。

 

クエン酸Na

pH調整剤として添加されており、製品を適切なpHに保ち続ける効果があります。

pHが変化した場合、製品の成分や品質が悪くなる可能性があわけですね。

安全性に関してCosmetic Ingredient Reviewの安全性試験データによると

皮膚刺激性はほとんど無いという報告がありましたが、アレルギー性に関する報告は見つかりませんでした。

 

クエン酸

クエン酸Naと同様にpH調整剤として添加されています。

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データによると

皮膚刺激性に関してはある程度高濃度でチクチク感のある刺すような痛みが発生することが報告されています。

しかし、本製品のようにpH調整座として添加されているものに関しては非常に低濃度なので問題ないと考えられます。

さらに、アレルギー性に関してはほとんどないとの報告が挙げられていました。

 

デキストラナーゼ(酵素)

 

デキストラナーゼはデンプンを分解したときにできるデキストリンを分解する酵素です。

なぜマウスウォッシュに配合されているかというと歯垢を抑制する効果がるからです。

本商品のうたい文句である「すすぐだけで歯垢を分解・除去」はこの成分の役割によるものですね。

ちなみに、マウスウォッシュのほかにも歯磨き粉等に良く添加されています。

安全性はというと、政府および国際機関のデータ等を探しましたが、残念ながら見つかりませんでした。

情報を見つけ次第修正いたします。

 

カラギーナン

カラギーナンは海藻の一種である紅藻類より抽出された物質です。

安全性に関してはwikipediaより引用させていただきます。

FAO/WHO合同食品添加物専門家会議 (Joint FAO/WHO Expert Committee on Food Additives, JECFA) の第57回会議(2001年)では、1日許容摂取量を「特定せず」(つまり毒性リスクは事実上ゼロとみてよい)と決定した

Wikipediaより引用

実は過去に、カラギーナンは毒性があり人体に影響があるのではないかという説が浮上していました。

しかし、検証自体に問題があるという判断から、現在ではFAO及びWHOの国際機関が安全であるという見解を出しております。

 

まとめ

薬用成分であるデキストラナーゼの安全性はわかりませんでしたが、それ以外は安全性の高い成分が配合されていました。

また、アマゾン及びSNSでも人気があることから、非常に満足度の高い商品であることがわかります。

 

参考にさせていただいたサイト様

株式会社食環境衛生研究所

化粧品成分オンライン

添加物 亜塩素酸ナトリウムの使用基準改正に係る食品健康影響評価に関する審議結果

食品安全委員会

上野製薬株式会社

Wikipedia

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。