【メイクアニューハビットの安全性は!?】副作用を徹底的に調べました。

こんにちは

ニオイの対策室 森ネズミです。

今回ピックアップした商品はコチラ

『メイク ア ニュー ハビット! クリアアイスミント 』

473mlと975mlの2タイプ販売されています。

 

裏面の成分表示はコチラ

基剤・・・水、エタノール

湿潤剤・・・グリセリン

可溶化剤・・・PEG-80水添ヒマシ油

着香剤・・・香料(クリアアイスミントタイプ)

甘味剤・・・キシリトール、サッカリンNa

保存剤・・・メチルパラベン、セチルピリジニウムクロリド

pH調整剤・・・クエン酸、水酸化Na

着色剤・・・青1

 

結論

保存剤に含まれる「セチルピリジニウムクロリド」の副作用が不明であることと、着色剤の「青1」には様々な副作用があることが確認されています。

しかし、その他の成分に関しては安全性が高いものが配合されていますし、着色料に関しては実際の摂取量は非常に少ないので問題ないと考えられます。

 

それでは各成分を詳しく見ていきましょう。

メイク ア ニュー ハビットの副作用

成分の『水』は省略します(笑)

 

エタノール

エタノールは各成分を溶かしこむ性質を持っていて、水溶性成分及び油溶性成分の両方を抽出できるので様々な用途で使用されています。

基本的に我々が普段飲んでいるお酒の成分と同じなので、アルコールに過敏な方は注意しましょう。

また、使用後の自動車の運転に関して、飲酒運転になるのではないかという疑問がありますが、

これに関しては検証されているサイト様がありますので、詳しくはそちらを参考にしていただけたらと思います。

結論としてほぼ問題なしということなのですが、不安な方はアルコールが含まれていない製品を選びましょう。

 

グリセリン

軟膏などの皮膚に直接使用するイメージがある成分ですが、食品添加物にも指定されています。

本製品では湿潤材として配合されています。

ちなみに皮膚への影響ですが、Cosmetic Ingredient Reviewの安全性試験データによると皮膚刺激性及びアレルギー性ともに非常に安全性の高いことが証明されています。

それでは食品添加物としての安全性ですが、内閣府食品安全員会のHPを引用させていただきます

(1)グリセロールは低い急性毒性を有する。(中略)グリセロールは、遺伝毒性に関する懸念を引き起こさず、また、発がん性に関する懸念もなかった。(中略)利用可能な動物試験において、グリセロールの有害影響は確認されなかった。

食品安全委員会HPより引用

グリセロールとはグリセリンのことです。

低い急性毒性を有するとありますが、許容一日摂取量が設定されておらず、その他実験においても安全性の高い成分であることが記されています。

 

PEG-80水添ヒマシ油

本成分は溶剤として広く使われており、水に溶けにくい又は溶けない物質を溶かす役割があります。

まず、PEGとはポリエチレングリコールの略で、80という数字は、水添ヒマシ油に80モルのポリエチレングリコールが付加重合されているという意味です。

ヒマシ油はトウダイグサ科のトウゴマから搾り取った油のことで、古来より工業用としては石鹸、潤滑油や医療品など非常に多くの製品に使用されています。

また、医療用としても古くから下剤等として世界各国で使用されてきました。

水添とは水素を添加して液体の油を硬化させる処理をしたものです。

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性試験データによると

皮膚刺激性は軽度アレルギー性はほとんど無しという報告が出ているので、安全性の高い成分であることがわかります。

 

香料(クリアアイスミントタイプ)

香料に関しては詳細が不明なため副作用がわかりませんでした。

 

キシリトール

 

 

キシリトールは天然由来の糖で工業的にはシラカバやカシの 木から抽出されます。

唾液の分泌を促進したり、虫歯の原因にとなる菌の増殖を防ぐ効果があるためガムや様々な製品に配合されています。

キシリトールの安全性に関しては厚生労働省のHPより引用させていただきます。

5)外国での使用状況:
米国、カナダ、EU諸国、韓国等38カ国で甘味料として使用
6)国際機関の評価:
FAO/WHO合同食品添加物専門家会議(JECFA)において
、キシリトールについて、一日摂取許容量(ADI)は「特定せず
」と評価され、A1品目(ADIが設定されたものまたはADIの
設定が毒性学上必要ないとされたもの)に分類されている。

厚生労働省HPより引用

上記のように多くの国で利用されており、

国際機関であるJECFAにも一日許容摂取量を設定されていないことから非常に安全性の高い成分であることがわかります。

 

サッカリンNa

安全性のデータに関して株式会社食環境衛生研究所様のHPを引用させていただきます。

人工甘味料の一種です。
摂取しても熱量(カロリー)とならない事が特徴です。

過去には動物実験によりサッカリン摂取による発がん性が指摘され、先進国で使用禁止の措置がありましたが、その後の研究で発がんリスクを否定する結果が出ております。

現在の日本では、大量摂取を避ける為、食品衛生法の規制が続いており、(略)

株式会社食環境衛生研究所HPより引用

現在は発がん性が認められていないけど、各製品分野ごとに使用料が定められている状態ですね。

マウスウォッシュに関しては、口に含んだ後吐き出すので摂取量もかなり少ないため安全性も高くなると考えられます。

 

メチルパラベン

メチルパラベンは防腐剤として様々な化粧品や食品添加物として配合されています。

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データによると

軽度の皮膚刺激性が起こる可能性があるものの、一般的にアレルギー性はほとんどなく安全性の高い成分といえます。

しかし、ごく稀にアレルギー反応を示す方がいらっしゃるのでご注意ください。

 

セチルピリジニウムクロリド

殺菌剤として配合されています。

副作用に関してはKEGGのサイト様より「セチルピリジニウム塩化物」の項目を引用させていただきます。

副作用

副作用発現状況の概要

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

KEGGより引用

残念ながら副作用を確認することができませんでした

報告を確認次第UPします。

 

クエン酸

pH調整剤として添加されており、製品を適切なpHに保ち続ける効果があります。

pHが変化した場合、製品の成分や品質が悪くなる可能性があわけですね。

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データによると

皮膚刺激性に関しては高濃度でチクチク感のある刺すような痛みが発生することが報告されています。

しかし、本製品のようにpH調整座として添加されているものに関しては非常に低濃度なので問題ないと考えられます。

さらに、アレルギー性に関してはほとんどないとの報告が挙げられていました。

 

水酸化Na

化学の実験でよく使用する水酸化ナトリウムですが、pH調整剤として添加されています。

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データによると

pH調整剤など製品内に微量に含まれる場合は皮膚刺激性及びアレルギー性共にほとんど影響が無いと考えられます。

 

青1

青1とは「ブリリアントブルー」のことで一般的に「食用青色1号」と呼ばれています。

天然に存在する色素ではなく、石油から人工的に合成されています。

日本では、安全性が高く評価されているため、「指定添加物」に指定されています。

一部の食品を除き、様々な食品に添加されており、特に使用に制限はございません。

 

では、本製品の一回の利用分にはどれほどの青1がふくまれているのでしょうか。

本製品の配合量が書かれていませんが、医薬部外品の着色料の配合量は原則0.1%以下と定められています。

本製品の一度の使用量は10mlとなっているので、ざっくり10ml=10gと考え、さらに着色料の配合量を0.1%と仮定すると

10g × 0.001 =0.01g = 10mg

一度の使用量に含まれる着色料は推定10mgとなります。

摂取したところで全く問題ない量ですが、実際は飲み込まずに吐き出すので実際の摂取量はごくごく微量となります。

 

ちなみに国際機関である欧州食品安全機関(EFSA)の2010年の発表によると、

体重1kgあたりの1日許容摂取量は6mgであると定めています。

つまり体重60kgの人の1日許容摂取量は360mgということになります。

このことからも、本製品における青1の安全性は高いと考えられます。

2. 本パネルは、吸収、分布、代謝、排泄、遺伝毒性、亜慢性毒性、生殖毒性、発生毒性、長期毒性及び発がん性に関する現在のデータセットが、SCFによって1984年に設定された10mg/kg体重/日のADIを修正する理由を与えると結論づけた。ラットを用いた慢性毒性試験の無毒性量(NOAEL)の631mg/kg体重/日をブリリアントブルーFCFの新しいADIの設定に用いることができると本パネルは考えた。本パネルは、不確実係数100を適用して、ブリリアントブルーFCFの新しいADIを6mg/kg体重/日に設定した。

内閣府食品安全委員会HPより引用

 

まとめ

保存剤に含まれる「セチルピリジニウムクロリド」の副作用が不明であることと、着色剤の「青1」には様々な副作用があることが確認されています。

しかし、その他の成分に関しては安全性が高いものが配合されていますし、着色料に関しては実際の摂取量は非常に少ないので問題ないと考えられます。

参考にさせていただいたサイト様

食品安全委員会

KEGG

株式会社食環境衛生研究所

厚生労働省HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。