【危険性調査】ピュオーラ クリアミント ノンアルコールタイプの副作用、毒性を徹底的に調査しました。

こんにちは

ニオイの対策室 森ネズミです。

今回ピックアップした商品はコチラ

ピュオーラ 洗口液 ノンアルコールタイプ

この一番左の商品ですね。

裏面はコチラ

成分をまとめると

基剤・・・水

湿潤剤・・・ソルビット液、濃グリセリン、マルチトール液、PG

清浄剤・・・エリスリトール

可溶剤・・・POE水添ヒマシ油

洗浄剤・・・グリセリン脂肪酸エステル、ショ糖脂肪酸エステル

粘度調整剤・・・ヒドロキシエチルセルロース

香味剤・・・香料(ライムミントタイプ)、スクラロース

保存剤・・・パラベン

pH調整剤・・・クエン酸Na、クエン酸

薬用成分・・・塩化セチルピリジニウム

となっております。

他社製品のマウスウォッシュと同じような成分が多く見受けられますね。

では、本製品の安全性はどうなのか

 

結論

「香料」「グリセリン脂肪酸エステル」「塩化セチルピリジニウム」の副作用はわかりませんでしたが、そのほかは安全性の高いものが配合されています。

 

それでは各成分を確認していきましょう。

ピュオーラ クリアミント ノンアルコールタイプの成分の副作用と毒性

 

ソルビット液

ソルビット液は保湿作用を目的として添加されていますが、甘味料としても利用されています。

安全性に関しては国際機関においても評価されているため、通常の摂取量であれば大丈夫です。

特にマウスウォッシュに関しては、飲み込むことなく吐き出すので摂取量は非常に少ないため、問題ありません。

 

濃グリセリン

濃グリセリンは通常のグリセリンよりも濃度の高いグリセリンです。

軟膏などの皮膚に直接使用するイメージがある成分ですが、食品添加物にも指定されています。

本製品では湿潤材として配合されています。

ちなみに皮膚への影響ですが、Cosmetic Ingredient Reviewの安全性試験データによると皮膚刺激性及びアレルギー性ともに非常に安全性の高いことが証明されています。

それでは食品添加物としての安全性ですが、内閣府食品安全員会のHPを引用させていただきます

(1)グリセロールは低い急性毒性を有する。(中略)グリセロールは、遺伝毒性に関する懸念を引き起こさず、また、発がん性に関する懸念もなかった。(中略)利用可能な動物試験において、グリセロールの有害影響は確認されなかった。

食品安全委員会HPより引用

グリセロールとはグリセリンのことです。

低い急性毒性を有するとありますが、許容一日摂取量が設定されておらず、その他実験においても安全性の高い成分であることが記されています。

 

マルチトール液

マルチトールは砂糖より甘味が弱く、まろやかな甘みを持ちます。

また、吸湿性および保湿性効果があります。

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性試験データによると

皮膚刺激性はほとんど無しという報告が出ていますが、アレルギー性に関しての報告を確認できませんでした。

 

PG

グリセリンと似た作用がありますが、グリセリンよりも粘性が弱くサッパリした感触です。

安全性に関してCosmetic Ingredient Reviewの安全性試験データによると、皮膚刺激性及びアレルギー性共にほとんどなく安全性の高い成分です。

 

エリスリトール

まず、エリスリトールの説明ですが、wikipediaより引用させていただきます。

メロン、ブドウや梨などの果実や醤油・味噌・清酒などの発酵食品に含まれている天然の糖アルコール希少糖の一つに分類される。ブドウ糖を発酵させることにより作られる。

非う蝕性の甘味料でありながらカロリーがほとんど無いことからダイエット甘味料として利用されている。

歯垢に含まれる細菌同士の結合力を弱くすることにより、歯垢を分解しやすくする作用がある。

wikipediaより引用

カロリーゼロの天然成分の糖でさらに口腔ケアにも使えるというのは、いささか出来すぎではないでしょうか。

しかし、美しい花にはトゲがある。

まずはコチラをご覧ください。

エリトリトールの摂取によって下痢を引き起こす可能性がある。

また、即時型アレルギーの症例報告がある

wikipediaより引用

下痢と即時型アレルギーの報告がありますが

それぞれの引用文献を確認したところ、

まず、「下痢」に関しては

通常の摂取利用であれば問題なしと記されています。

また、「即時型アレルギー」に関しては

極々一部にエリスリトールにアレルギー反応を示す人がいるという報告でした。

本製品はマウスウォッシュとしての利用となりますので、実際の摂取量は非常に少ないことが伺えます。

もし、本製品を使用してアレルギー反応が出たら、即使用を中止し、医師の診断を受けましょう。

 

POE水添ヒマシ油

「POE」とはポリオキシエチレンの略で、「水添」とは水素を添加して液体の油を用途に合わせて硬化させる処理をしたものです。

ヒマシ油はトウダイグサ科のトウゴマから搾り取った油のことです。

本成分は溶剤として広く使われており、水に溶けにくい又は溶けない物質を溶かす役割があります。

歴史は古く工業用としては石鹸、潤滑油や医療品など非常に多くの製品に使用されています。

また、医療用としても古くから下剤等として世界各国で使用されてきました。

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性試験データによると

皮膚刺激性は軽度、アレルギー性はほとんど無しという報告が出ているので、安全性の高い成分であることがわかります。

 

グリセリン脂肪酸エステル

東京都福祉保健局様のHPから引用させていただきます。

☆グリセリン脂肪酸エステル(グリセリンエステル)

油脂から得られる脂肪酸とグリセリンを反応させて製造されるエステルで、モノ、ジ、トリエステルの3種類があります。現在、酢酸モノグリセリド、乳酸モノグリセリド、クエン酸モノグリセリド、ジアセチル酒石酸モノグリセリド、コハク酸モノグリセリド、ポリグリセリン脂肪酸エステル、ポリグリセリン縮合リノシール酸エステルなどが実用化されています。
乳化剤としての使用のほかに、起泡剤、豆腐用消泡剤、デンプンの品質改良剤など、様々な用途で使用されています。

 使用対象食品:マーガリン、乳製品、乳飲料、菓子類などに広く使用されています。

東京都福祉保健局HPより引用

説明用に引用させていただきました。

上記のようにグリセリン脂肪酸エステルは多くの種類が認可されており、この成分表記ではどの種類かを特定することができないので、副作用は不明です。

 

ショ糖脂肪酸エステル

その名の通りショ糖(砂糖)と植物油由来の脂肪酸を結合させて作られます。

ショ糖脂肪酸エステルは古くから食品添加物として認められ、様々な製品に添加されています。

また、優れた乳化作用から農業分野において、農薬の散布に使用されています。

安全性に関して

その安全性の高さから、1959年に日本で食品添加物として認可され、現在、対象食品、使用量および使用制限が設定されていません。

さらに、食品添加物専門家合同委員会(FAO/WHO)などの国際機関でも安全性の高さが認められております。

 

ヒドロキシエチルセルロース

増粘作用があるため粘度調整剤として化粧品等に広く使用されています。

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性試験データによると

皮膚刺激性、アレルギー性共にほとんど無く安全性の高い成分であることがわかります。

 

香料(ライムミントタイプ)

香料の詳細が表記されていないのでわかりませんでした

 

スクラロース

スクラロースは天然由来の糖ではなく人工甘味料です。

カロリーゼロでキシリトールと同様虫歯の原因になりにくいため様々な製品に利用されています。

安全性に関しては以下のサイト様を引用させていただきます。

スクラロースは誕生以来、20年にわたって安全性に関する試験が実施されています。がん、遺伝子の損傷、生殖・妊娠能力、先天性障害、免疫系、中枢神経系、代謝学的指標への影響を調べる目的で、100件以上の安全性試験が実施されたが、安全性に関する懸念は認められませんでした。

スクラロースの安全性は、多くの国の規制当局によって確認されています (FDA、FAO/WHO合同食品添加物専門家会議 〈Joint FAO/WHO Expert Committee on Food Additives:JECFA〉、欧州委員会食品科学委員会(Scientific Committee for Food of the European Union:SCF)、カナダ保健省、オーストラリア/ニュージーランド食品安全局など)。

日本コカ・コーラ株式会社HPより引用

人工甘味料でありながら非常に安全性の高い成分であることがわかります。

 

パラベン

パラベンは防腐剤として様々な化粧品や食品添加物として配合されています。

パラベンの物質名は『パラヒドロキシ安息香酸エステル(別名:パラオキシ安息香酸エステル)』です。いくつかの種類のあるパラベンの中でも、一般的にはメチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベンが主に使用されています。

上野製薬株式会社HPより引用

上記のように主に4種類の物質がパラベンとして使われていますので、

それぞれCosmetic Ingredient Reviewの安全性試験データを調べてみたところ、

4種類すべてのパラベンにおいて、軽度の皮膚刺激性が起こる可能性があるものの、一般的にアレルギー性はほとんどなく安全性の高い成分といえます。

しかし、ごく稀にアレルギー反応を示す方がいらっしゃるのでご注意ください。

 

クエン酸Na

pH調整剤として添加されており、製品を適切なpHに保ち続ける効果があります。

pHが変化した場合、製品の成分や品質が悪くなる可能性があわけですね。

安全性に関してCosmetic Ingredient Reviewの安全性試験データによると

皮膚刺激性はほとんど無いという報告がありましたが、アレルギー性に関する報告は見つかりませんでした。

 

クエン酸

クエン酸ナトリウムと同様にpH調整剤として添加されています。

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データによると

皮膚刺激性に関しては高濃度でチクチク感のある刺すような痛みが発生することが報告されています。

しかし、本製品のようにpH調整座として添加されているものに関しては非常に低濃度なので問題ないと考えられます。

さらに、アレルギー性に関してはほとんどないとの報告が挙げられていました。

 

塩化セチルピリジニウム

殺菌剤として配合されています。

副作用に関してはKEGGのサイト様より「セチルピリジニウム塩化物」の項目を引用させていただきます。

副作用

副作用発現状況の概要

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

KEGGより引用

残念ながら副作用を確認することができませんでした

報告を確認次第UPします。

 

まとめ

「香料」「グリセリン脂肪酸エステル」「塩化セチルピリジニウム」の副作用はわかりませんでしたが、そのほかは安全性の高いものが配合されていました。

 

参考にさせていただいたサイト様

食品安全委員会

wikipedia

上野製薬株式会社

KEGG

日本コカ・コーラ株式会社

東京都福祉保健局HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。