【危険性】『クリニカ アドバンテージ デンタルリンスの副作用を徹底分析しました』

こんにちは

ニオイの対策室 森ネズミです。

今回副作用を調べた商品はコチラ

『クリニカアドバンテージ デンタルリンス 低刺激タイプ(ノンアルコール) (医薬部外品)』

今回もアマゾンやSNSで人気のあるマウスウォッシュをピックアップしました。

成分は

湿潤剤・・・グリセリン

溶剤・・・PG

香味剤・・・香料(シトラスハーブミントタイプ)、キシリトール、サッカリンNa

可溶化剤・・・POE硬化ヒマシ油

pH調整剤・・・クエン酸Na、クエン酸

保存剤・・・パラベン

薬用成分・・・塩化セチルピリジニウム、塩化ベンゼトニウム

コーティング剤・・・グリセロリン酸カルシウム

となっています。

本製品は果たして安全なのか。

結論から先に申し上げます。

殺菌成分の1つに不明な点はあるものの、その他は安全性の高い成分が添加されていることがわかりました。

また、アマゾンレビューやSNS等で高評価を得ていることから製品自体の満足度も高い商品となっております。

 

クリニカアドバンテージ デンタルリンス 低刺激タイプの副作用

グリセリン

軟膏などの皮膚に直接使用するイメージがある成分ですが、食品添加物にも指定されています。

本製品では湿潤材として配合されています。

ちなみに皮膚への影響ですが、Cosmetic Ingredient Reviewの安全性試験データによると皮膚刺激性及びアレルギー性ともに非常に安全性の高いことが証明されています。

それでは食品添加物としての安全性ですが、内閣府食品安全員会のHPを引用させていただきます

(1)グリセロールは低い急性毒性を有する。(中略)グリセロールは、遺伝毒性に関する懸念を引き起こさず、また、発がん性に関する懸念もなかった。(中略)利用可能な動物試験において、グリセロールの有害影響は確認されなかった。

食品安全委員会HPより引用

グリセロールとはグリセリンのことです。

低い急性毒性を有するとありますが、許容一日摂取量が設定されておらず、その他実験においても安全性の高い成分であることが記されています。

 

PG

グリセリンと似た作用がありますが、グリセリンよりも粘性が弱くサッパリした感触です。

安全性に関してCosmetic Ingredient Reviewの安全性試験データによると、皮膚刺激性及びアレルギー性共にほとんどなく安全性の高い成分です。

 

香料(シトラスハーブミントタイプ)

香料に関しては詳細が不明だったので副作用はわかりませんでした。

 

キシリトール

キシリトールの毒性に関して、公的機関等のデータが見つかりませんでした。

しかし、現在食品添加物として各国で認可されているため安全性は高いと考えてます。

 

サッカリンNa

安全性のデータに関して株式会社食環境衛生研究所様のHPを引用させていただきます。

人工甘味料の一種です。
摂取しても熱量(カロリー)とならない事が特徴です。

過去には動物実験によりサッカリン摂取による発がん性が指摘され、先進国で使用禁止の措置がありましたが、その後の研究で発がんリスクを否定する結果が出ております。

現在の日本では、大量摂取を避ける為、食品衛生法の規制が続いており、(略)

株式会社食環境衛生研究所HPより引用

現在は発がん性が認められていないけど、各製品分野ごとに使用料が定められている状態ですね。

マウスウォッシュに関しては、口に含んだ後吐き出すので摂取量もかなり少ないため安全性も高くなると思います。

 

POE硬化ヒマシ油

「POE」とはポリオキシエチレンの略で、「硬化」とは水素を添加して液体のサラサラの油を用途に合わせて硬化させる処理をしたものです。

ヒマシ油はトウダイグサ科のトウゴマから搾り取った油のことです。

本成分は溶剤として広く使われており、水に溶けにくい又は溶けない物質を溶かす役割があります。

歴史は古く工業用としては石鹸、潤滑油や医療品など非常に多くの製品に使用されています。

また、医療用としても古くから下剤等として世界各国で使用されてきました。

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性試験データによると

皮膚刺激性は軽度、アレルギー性はほとんど無しという報告が出ているので、安全性の高い成分であることがわかります。

 

クエン酸Na

pH調整剤として添加されており、製品を適切なpHに保ち続ける効果があります。

pHが変化した場合、製品の成分や品質が悪くなる可能性があわけですね。

安全性に関してCosmetic Ingredient Reviewの安全性試験データによると

皮膚刺激性はほとんど無いという報告がありましたが、アレルギー性に関する報告は見つかりませんでした。

 

クエン酸

クエン酸Naと同様にpH調整剤として添加されています。

Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データによると

皮膚刺激性に関してはある程度高濃度でチクチク感のある刺すような痛みが発生することが報告されています。

しかし、本製品のようにpH調整座として添加されているものに関しては非常に低濃度なので問題ないと考えられます。

さらに、アレルギー性に関してはほとんどないとの報告が挙げられていました。

 

パラベン

パラベンは防腐剤として様々な化粧品や食品添加物として配合されています。

パラベンの物質名は『パラヒドロキシ安息香酸エステル(別名:パラオキシ安息香酸エステル)』です。いくつかの種類のあるパラベンの中でも、一般的にはメチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベンが主に使用されています。

上野製薬株式会社HPより引用

上記のように主に4種類の物質がパラベンとして使われていますので、

それぞれCosmetic Ingredient Reviewの安全性試験データを調べてみたところ、

4種類すべてのパラベンにおいて、軽度の皮膚刺激性が起こる可能性があるものの、アレルギー性はほとんどなく安全性の高い成分といえます。

 

塩化セチルピリジニウム

殺菌剤として配合されています。

副作用に関してはKEGGのサイト様より「セチルピリジニウム塩化物」の項目を引用させていただきます。

副作用

副作用発現状況の概要

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

KEGGより引用

残念ながら副作用を確認することができませんでした。

報告を確認次第UPします。

 

塩化ベンゼトニウム

前項の塩化セチルピリジニウムと同様に殺菌剤として配合されています。

副作用に関しては健栄製薬様のHPを引用させていただきます。

接触皮膚炎

ベンゼトニウム塩化物は、皮膚刺激性、粘膜刺激性は極めて弱いが、濃厚な液を皮膚、粘膜に用いた場合、刺激症状が現われることがある。創傷部位に反復使用した場合、アレルギー性接触皮膚炎を起こしたと報告されている。

  1. 25歳、女性。調理師として保育園に勤務し、洗剤や消毒剤を使う機会が多くなり発症した。両手背~両前腕遠位1/3までにかけて発赤し、同部に米粒大までの紅色丘疹、鱗屑、痂皮、色素沈着が混在して見られた。指背にも紅斑、鱗屑が見られたが、指腹や手掌は比較的軽微であった。

ベンゼトニウム塩化物には骨格筋のクラーレ様麻痺作用があり、ラットなどへの注射によって四肢に一過性の麻痺が起こり、時として呼吸筋不全麻痺が起こるとの報告がある。人間でも静注により、心血管虚脱が現われ、呼吸が浅くなり、チアノーゼ、悪寒、嘔吐、頻脈、不整脈、血圧低下、乏尿、昏睡が起こるといわれている。

誤飲例

  1. 3ヶ月、男児。口唇形成術施行時に誤って10%ベンゼトニウム塩化物にて口腔内消毒を行った。口腔粘膜腐蝕と局所症状にともなう発熱、脱力、下痢、脱水などの全身症状発現。

  2. 誤って10%ベンゼトニウム塩化物を口にふくみ、すぐに吐出したにもかかわらず、ベンゼトニウム塩化物による咽喉頭炎、食道炎を起こした。

    健栄製薬HPより引用

高濃度だと人体に悪影響が出るが、通常使用の場合は安全性が高いとのことですね。

 

グリセロリン酸カルシウム

よくカルシウム不足を補う目的で服用されるカルシウム薬です。

安全性に関しては「おくすり110番」様のHPから引用させていただきます。

副作用はまずありません。あっても、胃の不快感や便秘くらいです。ただし、長く多めの量を飲み続けると、血液中のカルシウムが増えすぎたり、腎臓にカルシウムの石ができてしまうことがあります。とくに活性型ビタミンD製剤と併用しているときは要注意。長期服用時は、定期的に尿や血液中のカルシウム量を検査すれば安心です。

おくすり110番HPより引用

もともとカルシウムの補給薬なので安全性が高いです。

マウスウォッシュは飲み込まず吐き出すので大丈夫だとは思いますが、もともとカルシウム過多の方は注意しましょう。

 

まとめ

殺菌成分の「塩化セチルピリジニウム」の毒性はわかりませんでしたが、それ以外は安全性の高い成分が配合されていることがわかりました。

 

参考にさせていただいたサイト様

健栄製薬

おくすり110番

化粧品成分オンライン

株式会社食環境衛生研究所

上野製薬株式会社

食品安全委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。