・液体ハミガキ

【クリニカ デンタルリンスの評価が・・・】『クリニカ アドバンテージの効果と口コミを徹底分析しました』

今回調査した商品はコチラ

独自の「新・長時間殺菌処方」を採用した液体ハミガキ

『クリニカアドバンテージ デンタルリンス 』

今回は液体ハミガキをピックアップしました。

液体ハミガキは普通のマウスウォッシュと違い

ブラッシングが必要となります。

 

たまに間違えて購入される方が

いらっしゃいますが

クリニカのマウスウォッシュ

「クリニカ クイックウォッシュ」です。

[kanren postid = "332"] 

 

さて、

本製品は

「すっきりタイプ(アルコール)」
「低刺激タイプ(ノンアルコール)」

の2種類販売されています。

左側がすっきりタイプ

右側が低刺激タイプ

今回は両方の成分と評価を確認していきます。

 

まずは

どのような会社が

販売しているかを確認しましょう。

会社名 ライオン株式会社
設立 1918年(大正07年)09月
所在地 〒130-8644 東京都墨田区本所1-3-7
TEL:03-3621-6211
代表者名 代表取締役 社長執行役員 掬川 正純
事業内容 ハミガキ、ハブラシ、石けん、洗剤、ヘアケア・スキンケア製品、クッキング用品、薬品等の製造販売、海外現地会社への輸出

皆さん一度は聞いたことがある

業界の中でも老舗中の老舗

ライオン株式会社です。

 

クリニカの他に

「システマ」

「デントヘルス」

「NONIO」

等、超有名商品を販売しています。

[kanren postid = "1628"]

[kanren postid = "1583"] 

 

 

クリニカ アドバンテージの成分

まず、すっきりタイプ(アルコール)の成分を見てみましょう

 

湿潤剤・・・グリセリン

溶剤・・・エタノール、PG

香味剤・・・香料(メディカルハーブミントタイプ)、キシリトール、サッカリンNa

可溶加剤・・・POE硬化ヒマシ油

pH調整剤・・・クエン酸Na、クエン酸

保存剤・・・パラベン

薬用成分・・・塩化セチルピリジニウム(CPC)、塩化ベンゼントニウム(BTC)

コーティング剤・・・グリセロリン酸カルシウム

となっています。

 

次に低刺激タイプ(ノンアルコール)を見てみましょう。

 

湿潤剤・・・グリセリン

溶剤・・・PG

香味剤・・・香料(シトラスハーブミントタイプ)、キシリトール、サッカリンNa

可溶化剤・・・POE硬化ヒマシ油

pH調整剤・・・クエン酸Na、クエン酸

保存剤・・・パラベン

薬用成分・・・塩化セチルピリジニウム、塩化ベンゼトニウム

コーティング剤・・・グリセロリン酸カルシウム

です。

 

香料が違うのと

エタノールが入っているかどうか

だけの違いですね

 

 

使い方

クリニカ 「アドバンテージ」は

液体ハミガキです。

 

使い方は

ご家庭のコップに3~4回プッシュして

口の中で20秒ほどすすいて吐き出した後

ブラッシングをします。

使用後は特に水でゆすぐ必要はありません。

 

ちなみに

クリニカにはマウスウォッシュの

「クリニカ クイックウォッシュ」

が販売されています。

こちらはブラッシングが

出来ないときでも使用できます。

 

 

クリニカ デンタルリンスの効果

本製品の効果は

薬用成分とコーティング剤によるものです。

 

つまりこの3成分

・塩化セチルピリジニウム
・塩化ベンゼトニウム
・グリセロリン酸カルシウム

 

コーティング剤の

グリセロリン酸カルシウム

歯をコーティングするとともに

 

殺菌剤の

塩化セチルピリジニウム

塩化ベンゼトニウム

を引き付けて歯を守る役割があります。

 

殺菌剤は

口内を殺菌して細菌の増殖を抑えてくれます。

本商品は殺菌成分が2つも配合されているわけですね;^ω^)

 

口腔内を殺菌することで

歯周病や口臭の発生源の細菌を

除去できるので病気、虫歯予防と口臭対策にもなります。

クリニカアドバンテージの副作用

クリニカアドバンテージの副作用に関して

ブログ主が気になった成分は1種類。

 

防腐剤の「ベンゼン」

です。

 

基本的に安全性の高い成分ですが

ごく一部に過敏に

アレルギー反応を示す方がいらっしゃいます。

 

その他の成分は

液体ハミガキでの使用に関しては

安全性の高いものが配合されていました。

 

 

クリニカ アドバンテージの値段とコスパ
詰め替えはあるの?

価格とコスパ

本製品には

「450ml」と「900ml」が

ラインナップされています。

 

ブログ作成時amazonでは

900mlの価格は591円でした。

 

コスパに関しては

一度の使用量は約10mlですので

900mlで約90回使用できます。

 

591円計算だと

一回の使用のコストは

約6.5円

他社製品と比較すると

なかなかグッドなコスパです。

 

 

詰め替え出来るのか

詰め替え用の

安価な商品があるか調べましたが

販売されていませんでした(;´Д`)

 

 

クリニカ アドバンテージの良い口コミ

それではクリニカアドバンテージの良い口コミを見てみましょう。

 

すっきりタイプ(アルコール)

・様々なデンタルリンスを使っていましたがこれはすっきりと薬品臭くないので変な後味も残りませんね。個人的にはGUMの方が効果が上な気もしますがコスパがいいのでこっちを使っています。

 

・システマからコチラにチェンジしました。後味が甘すぎないのがいいです。

 

・使い始めはシビレが残りましたが一週間くらい過ぎたあたりから慣れてきたのかシビレを感じなくなりました。使った時とそうでない時で朝の爽快感が違うので効果があると思います。

 

 

低刺激タイプ(ノンアルコール)

・リステインが合わなくてコチラを使いましたが自分には合っているようで嫌味のないすっきりした後味を気に入っています。

 

・このプッシュタイプが嫌で他の商品を考えたこともあるけど低刺激が気に入っているのでついついリピートしてしまいます。

 

・子供と一緒にこれで歯磨きしています。歯医者に3か月ごとに通っていますが使いだしてから歯石がたまりにくくなった気がしますアルコールタイプも試しましたがノンアルコールの方が刺激が少なくていい感じです。

 

 

クリニカ アドバンテージの悪い口コミ

次はクリニカアドバンテージの悪い口コミです。

 

すっきりタイプ(アルコール)

・今までリステインを使っていて試しにクリニカを購入しましたが、ダメでした。比較すると朝のすっきり感がイマイチです。

 

・GUMより辛くないものの使用後に水ですすぐと爽快感が無いです。ただ、朝の粘着きは減りました。

 

アルコールタイプは刺激が強すぎる気がします。もっと刺激が無ければいいのですが。。。

 

低刺激タイプ(ノンアルコール)

購入してすぐに使ってみたところ辛っらいです。しかも舌のビリビリが・・・。でも効果があるようなのでもうちょっと使ってみます。

 

・低刺激とありますが子供が辛いと言って泣き出しました。後味が辛いです。

 

 

クリニカ アドバンテージの評価まとめ

それではクリニカアドバンテージの評価をまとめていきましょう。

 

・成分

殺菌剤2種類とコーティング剤が

配合されていました。

そのほかは製品の品質を

保ったり使用感を高める成分です。

・効果・口コミ

効果に関しては

殺菌剤による口臭、虫歯や歯周病等の

原因となる口内細菌を殺菌する効果があります。

さらにコーティング剤で

歯を覆い、殺菌剤を引き付けます。

口コミは良好で

ノンアルコールタイプの方が

低刺激で使いやすいという意見が多い印象を受けました。

・副作用

安全性の高い成分で構成されていましたが

パラベンはごく一部の人に

過敏にアレルギー反応を示すという事例が報告されています。

以上が調査結果となります。

 

殺菌剤とコーティング剤の

シンプルな液体ハミガキでした。

 

ホワイトニング成分と

口臭予防成分が

もう少し入った商品が好みなので

おすすめはしませんが

液体ハミガキに興味がある方には良い商品だと思います。

 

参考にさせていただいたサイト様

健栄製薬

おくすり110番

化粧品成分オンライン

株式会社食環境衛生研究所

上野製薬株式会社

食品安全委員会

厚生労働省HP

-・液体ハミガキ

Copyright© Life style beautifully , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.