【ドライマウス】口臭と口内乾燥が気になったときの対策

こんにちは

口臭・体臭改善マニア 「森ネズミ」です。



今回は国民の多くが困っている

お口のトラブル

ドライマウス 

についてです。



ドライマウスを一言で表すと

唾液の分泌量が減少する病気 

ですね。



正式名は「口腔乾燥症」で口の中が乾燥して

とても不快になり、口臭が発生したり

虫歯や歯周病の原因になってしまいます。



ドライマウス協会によると

日本での患者数は800万人

予備軍が3000万人とほぼ国民の2/3が

 

ドライマウス発症の恐れがあるという

なかなか衝撃的な状況となっております。

(;^_^A



今回はドライマウスの症状

原因と対策についてまとめました。

ドライマウスの原因

口の周りの筋肉量の低下

唾液腺(唾液を分泌する器官)は

口周りの筋肉の動きに刺激を

受けて唾液を分泌します。



世の中に柔らかくて美味しいものが溢れ

逆に硬いものを食べる機会が

減ってしまったために

 

食べ物を噛む回数が減ってしまい

結果として唾液の減少と筋肉の低下が

同時に起こっているわけです。



さらに、高齢者は加齢に伴って筋肉が

衰えるためにドライマウスに

なりやすい傾向があります。

 

病気

ドライマウスを直接引き起こす

シェーグレン症候群

という病気があります。



あまり聞きなれないと思いますが

自己免疫疾患のうちの一つで

唾液腺と涙腺関係の細胞がダメージを

受けてうまく分泌できなくなります。



病院で検査することで罹患の有無が

わかるので病院での検査がオススメです。



シェーグレン症候群の他にも

「糖尿病」「肝疾患」により

ドライマウスが発症することが

わかっています。

 

薬の副作用

「抗うつ剤」「抗アレルギー剤」

「降圧剤」の副作用がドライマウスを

引き起こす可能性があります。

 

 飲酒

アルコールを飲み過ぎると

アルコールから変異した有害な物質を

汗や尿から排出するために

 

多くの水分を消費します。

その状況が続くと体の脱水状態が続き、

唾液の分泌が少なくなります。

 

喫煙

喫煙は交感神経に働きかけるため、

唾液の分泌が低下します。

 

口呼吸

鼻呼吸になるように心がけましょう。

 

精神的な緊張やストレスの多い日常生活

緊張やストレスを感じると交感神経が

優位になり、唾液が少なくなります。

 

反対にリラックスしたときは

副交感神経が優位にはたらき

唾液量が増えます。

 

このようにドライマウスの原因は様々です。

思い当たる節はありましたでしょうか。

 

ドライマウス、放っておくと悲惨なことに・・・

ドライマウスを放置すると

「歯周病」「虫歯」「口臭」等々を

発症する恐れがあります。

 

これらの病気は唾液の減少に起因します。

唾液は口内の細菌を洗い流す作用に加えて

唾液の成分である「リゾチーム」が

 

口内細菌の細胞壁を破壊することで

増殖を抑える作用があります。



ドライマウスはこのお口の洗浄機能を

著しく低下させるため

歯周病菌や虫歯菌を増殖させてしまいます。

 

歯周病とは

歯磨きで落としきれなかった食べカスに

口内細菌が繁殖してネバネバの物質を

作り出して歯垢(しこう)を形成します。

 

この細菌の塊である歯垢が歯を

おおう歯肉を溶かして

最終的に歯を溶かしてしまう病気です。

 

口臭

歯周病の原因となる菌は悪臭のもととなる

メチルメルカプタンを大量発生させるので

口臭がとんでもないことになります。

 

また、虫歯菌は歯を溶かし

できた穴に食べ物が詰まってニオイの

原因になることに加えて

 

虫歯が歯を溶かし神経まで達したときに

神経のたんぱく質を糧に口臭の原因となる

硫化水素等を発生させます。

 

ドライマウスを放置しても

デメリットしかありません。

早急に対策を立てましょう。

 

ドライマウスの対策

最後にドライマウス対策ですが、

目が乾くドライアイも発症している場合は

シェーグレン症候群の可能性があるので

まずは病院に行きましょう。

 

保湿剤・保湿ジェル・保湿スプレー

口内の乾燥を防ぐ保湿剤が入った

口内洗浄液が販売されています。

口をゆすぐタイプの保湿剤と

 

手でしっかり塗ることができるジェルタイプ、

スプレータイプは外出先でも

使用しやすくておススメです。

 

寝ているときの口内の保湿

上記の商品ももちろん就寝時に

使用できますが、保湿剤のほかに睡眠時の

口の乾燥を防ぐ方法があります。

 

それが

「口呼吸帽子テープ」「マウスピース」

です。

 

口呼吸防止テープは最近テレビCMで

見かけることも増えているので

ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

マウスピースの目的は

上あごの唾液腺を覆うことで口の中を

乾燥させなくすることです。

 

医療機関で自分に合ったマウスピースを

作成することができます。

 

ドライマウス対策は以上ですが、

マウスピースはなかなかハードルが

高いと思います(;^ω^)

 

口呼吸防止テープは

寝苦しくて外してしまうことがあり、

うまくいかないこともあるかと思いますので

 

とりあえず保湿剤から

使用してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

今回はドライマウス特集でしたが

ストレス過多で忙しい日常において

 

唾液を意識して出すようにするのは

なかなか難しいと思います。

 

なので口腔ケア商品を上手に利用して

ドライマウスを克服することを

おすすめいたします。

 

以上

口臭・体臭改善マニア 森ネズミでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。